スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by clavel  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

xxx 鳥と花03 xxx

刺繍42

わりと順調にチクチクしてます。
思ったよりだいぶ派手派手しい色合いですが、やっぱり花糸なので
ほんわかと優しい色合いです♪
春らしいデザインなので3月中旬には完成させて飾りたいー。

ちなみに手芸部仲間のアラン模様のニットバッグを見て猛烈に棒針編みをしたいのですが
もう3月だし今シーズンはグッと我慢。


*****

ここ数日、部屋の時計が10時40分前後になると止まるのです。何故だー(T∀T;)
電池を2回替えても10時40分前後で止まるので時計が壊れたのかと思われます。
目が悪いので起きた瞬間に4m先で0.03でもバシーっと針が見える時計が
絶対条件なのですが、それでなおかつオサレな時計をご存知の方は教えて下さいー。
今の第一候補はモンディーンのコレ。鉄なカホリがするのは偶然です…。
スポンサーサイト
by clavel  at 23:25 |  Handmade |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

雪国列車色々

今回の旅で出会った電車達♪

まずは仙台から。

hokkaido22  hokkaido23

仙台空港鉄道、SATです。
普通が2両で快速が4両だったか、空港でボケーっと外を眺めていると
可愛い2両編成でテケテケ走っていてのどかで良い感じでした。
見た目はカッチョ良くもダサくもなくあまり魅力的な電車ではなかったのですが
自分でボタンを開け閉めする列車なので大阪人には新鮮♪
右:空港にあった顔を出す看板で写真を撮ったのだけど、この時点では満面の笑みで
今思うと痛々しいw



hokkaido24

これは南千歳駅。
ホーム上が雪でビッシリ覆われている駅は初めてだったので興奮して写真を
撮りまくってしまいましたー。「この角度でこれ入れて撮って♪」と姉に指示を出して
撮っていたら、見るに見かねた地元民が「二人で撮りましょうか?」と声をかけてくれた☆
たぶん普通くらい段差があるんだろうけど、一面真っ白なので歩いて向かいのホームに
サクサク渡れるような気がしてくる(笑)



hokkaido25  hokkaido26

こちらスーパー北斗。
久しぶりに振り子式車両に乗ったのですが、スーパーやくもやスーパーくろしおより
激しく歩きにくかったです。
4号車を予約していたのですが乗ったら天井から水が漏れる一角になっていて
1号車に移動して下さいと言われたりで、よろけながら民族大移動。
なんか今回の旅は乗り物のトラブルが多かった(汗)
ちなみにこの人40分遅れで到着して、危うく飛行機に間に合わないところだったー。



hokkaido27

東室蘭かその辺で、隣りにトワイライトエクスプレスのサロンカーがっ!
北海道でトワイライトを見たのは初めて♪
いやん乗りたい乗りたい(*´∀`*)と寝ていた家族全員に「姉上、トワイライトエクスプレス!、
弟よ、トライライト…!、母上!」と全員の肩をトントンして指差して写真を撮っていたら
サロンカーのビューの方だったー。上品な老夫婦がジーっと見てた(泣)



hokkaido28

こちら乗り継ぎの快速エアポート。これも6分遅れで到着ー。
でも雪国らしく牛乳飲んだ子供みたいに雪をつけてきたので許す(*´艸`)



hokkaido29

雪国の人には何の変哲も無い風景かも知れませんがやっぱり新鮮。
ホームから歩いて車の所まで行けそうだしーw
ちなみにカニの口みたいになった除雪車を見れたら良いなぁと思っていたのですが
全然見当たりませんでした、残念。こんな感じ(36秒~)の。
あと警笛の音。もっと聞きたいなぁと探し出した映像はこちら
by clavel  at 01:48 |  Journey:国内 |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン

やっとご飯ネタ。
待望のミシェル・ブラス トーヤ ジャポン : Michel Bras TOYA Japonです。
ミシェル・ブラスについてはwikipediamichel-bras.comMichel BRASをどうぞ。

到着した日のディナーは当然間に合わなくて、もうランチでも良いから食べる(T∀T;)と
思っていたらホテル側から「では明日のランチタイムにディナーコースをご用意しますね♪」と
粋なはからいが。くぅぅぅ、このもてなし上手めっo┤*´Д`*├o


hokkaido17

と言うわけでこちら、食べてみたかったミシェル・ブラスのスペシャリテの1つ、ガルグイユ。
約70種の香草や若野菜からなるお皿です。
一つ一つの素材の味がして、二口と同じ味がない不思議なお料理。
野菜や香草そのものの味が好きな人にとってはたまらない一品でした♪
これを作る根性にも脱帽w



hokkaido18

こちらフォアグラにメークインのチップス、奥は柑橘の香りのするニンジンのピューレ。
右手前のラインが塩と胡椒です。

右上にチラッと写っているのがオリジナルのカトラリー。
ミシェル・ブラスの出身地ライオール村では、ナイフは一生に一本、質の良いナイフを
手入れをしながらずっと使い続けるそうで、その伝統に従いナイフはパンでぬぐって
1本のナイフで食事をします。フォークやスプーンはその都度替えてくれます。



hokkaido19

パイナップルのゴーフレット、ココナッツムース等々。

この前にスペシャリテである81年オリジナルクーラン(リンク先写真参照)が出てきます。
上からナイフを入れるとどひゃ~っとダム決壊状態。
楽しすぎて美味しすぎるものは写真無しです(笑)

ちなみにこの3点セットがデセールの2品目で、このようなのが3回出てきます。
いくら甘いもの好きの女子でも驚きの量。
私はランチタイムにディナーコースを頂けたのでペロリンチョでしたが、ディナーで食べた
他の酒飲み3人が「甘いぃぃ、甘いようぅ」と言いながら帰ってきたのにここで納得w



hokkaido20

車輪みたいなのアップ。
ソルベとムースなのですが、ゴロリンと転がすとトッピングが付くようになっています。
本当に楽しい仕掛けがたくさんで、こだわりと遊び心満載のコースでした♪

全体的な感想を述べると、ミシェル・ブラスって奇才というか良い意味での完全なる
ヲタクだなぁと思いました。約70種の野菜の温サラダなんてヲタ以外の何物でもないw
ただ独創的で珍しいだけでなく、素材の味を生かすことにこだわりぬいている点は
凄いと思いました。いやしかし個性的過ぎる、これも良い意味で。
デセールが3回出るのは日本で営業するには少しいかがなものかと思いました。
私はペロッと食べる方なのですが、それでも最後の一皿は無くてもいいかもと感じたり。
次機会があるならばコースではなくアラカルトで食べたい。

あ、あとサーブの仕方が面白かったー。
料理の乗った巨大なお盆を頭の位置に掲げてやってきて、そこからテーブルの人数分の
人がササッとやってきて全員分を同時に置いてくれます。
パックンに似たフランス人の兄さんもいて「ジュビジュワデュワぁ、昨日は大変ダターね♪」と
一人同時通訳な感じで和やかにもてなしてくれましたw
全ての人が押し付けがましくも無く冷たくも無く、絶妙な感じで説明や世間話を挟んできて
またもやこの辺の気さくなおもてなし徹底ぶりは凄いと思いました。



おまけの朝ごはん。

hokkaido21

イタリアンとフレンチの厨房を持つギリガンズアイランドで頂きました。
席に着くとまず「お目覚めの一杯にスパークリングワインはいかがですか?」の言葉。
朝から温泉に入って、その後に一杯のスパークリングワインから一日がスタート。
意外とスッキリ目覚めてきて新鮮な一杯でありました♪


あとは極上のスパも体験したし、北海道滞在時間はたったの24時間だったのですが
たった1泊でこういう旅もあるんだなぁと今更ながらに感動しました。
この思い出を胸に今年一年幸せに過ごせそうな感じw
思わぬお誕生会もあったし2009年2月は自分にとって印象深い月になりました(*´∀`*)
by clavel  at 01:45 |  delicious |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ザ・ウィンザーホテル洞爺

ででーん。
今回宿泊したアンバサダースイート♪

hokkaido09

実は今回ただウィンザーに泊まるだけでなく、レイクビューのスイート+シーズンスパ+
ミシェル・ブラスのディナーなのです(*´艸`)
なのであらゆる手段を使ってでも洞爺に到着しないと絶叫しそうな状況でした(笑)
家族揃ってののんびり旅行は6年ぶりだし、1・2・3月の誕生日が4人いるし
次いつ家族揃って旅行が出来るか分からないのでラグジュアリーに♪


hokkaido10  hokkaido11

至れり尽せりのお部屋バーとウェルカムフルーツ♪


hokkaido12

アメニティはBVLGARIで乙女心をくすぐるレディースセットBOXも付いていました。


hokkaido13

姉と二人、ルームサービスで静かなディナー。
実はシャトルバスの時間が終わっていたのに駅まで迎えに来てくれたし、レストランの
ルームサービスは22時までなのに私達の為だけに22時過ぎまで作る用意をして
待って下さっていました。このサービスっぷりに猛烈に感動(´;ω;`)ブワッ

どこに行ってもホテルのスタッフ全員が「キャンセルが相次ぐ中、根性でたどり着いた姉妹」
と認識していて、ルームサービスも「私共からのサービスです♪」と温かい紅茶とパンまで
付けて下さったー(´;ω;`)ブワッ

もう滞在中全てにおいてこんな感じで、施設やレストランだけでなくサービスも
本物中の本物な徹底ぶりでした。それなのに良い意味で全然パリッとしてなくて、
気さくで穏やかで近所のお兄さんと話しているかのような雰囲気。
五段階評価なら★★★★★ ★★くらいです。
茶道におけるもてなしの心得、利休七則が完璧に発揮されておりました♪



hokkaido14  hokkaido15

ロビーはこんな感じ。
左:洞爺湖を見下ろす窓。右奥には常に生で楽器を奏でている人がいて、朝はハープ、
午後はバイオリンとピアノのデュオ、夜はジャズでした。
右:ゴルフ場があると思われる方の窓。両サイドの扉を見ると大きさが分かって貰えるかと。


hokkaido16

真ん中はこんな感じ。
でも基本的にリゾートホテルなので部屋からバスローブ一丁で温泉やスパへ行ける
作りになっています。この広大な空間の真ん中に渡り廊下があって、下からは全く
目障りではない位置でありながら温泉帰りにバスローブでこの空間を望める状態。

ずっと行きたいと願っていたウィンザー洞爺なのですが、行って益々ファンになりました。
「ん?」と思った点は一切無し、完璧なサービスでありました。むしろ予想以上。

ちなみにですね、夜景で洞爺湖の形は認識したのですが翌朝の方が吹雪いていて
ホテルからは洞爺湖を見ていません(・`ω´・)ノ
by clavel  at 01:38 |  Journey:国内 |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑

家族サミット@欠航祭

土日と久々に家族5人揃っての一泊旅行でした♪
まず私と姉が伊丹から新千歳へ。
そして弟が羽田から新千歳、両親が神戸から新千歳と何故か現地集合な家族旅行w


で、第一陣の伊丹発なのですがいきなり欠航ー。オワタ\(^o^)/


hokkaido01


迅速かつ厳正なる緊急会議の結果、とりあえず出来るだけ北へ向かおうという事になり
何故か仙台空港へ。
福島はあとの便が無いし羽田は全便満席の上キャンセル待ちは500人。
だったら18時前の仙台ー千歳の予約を取ったまま、とりあえず行ってみようって事で
行ってみた。


hokkaido02  hokkaido03

予想外の昼食、牛タンとろろ定食とずんだ餅♪
本当は千歳でホエー豚丼を食べるつもりだったのですが…。

ちなみに14時発と15時発のキャンセル待ち(60番目!)を入れてもらったのですが
飛ぶかどうかの決定が13時。
陸路で仙台→北海道上陸を目指すには12時半の新幹線の乗らなきゃダメだったので
エアーのチケットは捨てる事にしてJR仙台駅へ向かいました。
で北海道までの券を買おうとしたら「八戸からは電車が動いてません、しかも復旧の
目途も立ってません…」と言われましたー。オワタ\(^o^)/2回目

というワケで再び仙台空港へ戻りキャンセルを待ちながら「最悪は予約を持っている便に
乗って行くしかないね」と言いながら待っていたら、前の2便全て欠航!オワタ\(^o^)/3回目

新千歳難民の方々↓

hokkaido04


そして自分達の便も飛ぶかどうか分からないまま時間を過ごし、仙台の温泉地を
検索しだした時点で条件付で飛ぶことが決定!(*´∀`*)
一機前の飛行機が取れてたら欠航してたし、悪運が強いとはこのことかもw

家を出て10時間半、やっと北海道上陸!!
10:40に着くはずだったけど19:30の雪に埋もれた新千歳空港↓


hokkaido05


着いた~♪と安心するヒマもなく次は猛ダッシュでみどりの窓口へ。
ディナーは諦めるとしても、何としてでも家族サミットには参加したいぃぃ。


そしてまた悪運の強い事に、発車10分前に本日最後の列車をゲット!
しかも列車全体での指定席が最後の2枚w
本当に何もかもが運任せだったのですが「なるようにしかならんのよね」とのんびり
構えていたら何とかなるもんです(笑)


hokkaido06  hokkaido07


本日の最終目的地、洞爺。
途中、苫小牧や東室蘭などの全国的超メジャー駅を通ったのですが、びっくりするくらい
地味で暗い駅でした。洞爺駅も無人だったし。
最後の2席の指定だったので姉上とは別々のワゴンだったのですが、姉上は洞爺に
着いた瞬間に起きたらしく転がり落ちるように列車から飛び出てきました(笑)
ちなみに雪国列車の警笛の音が可愛すぎる。「ぴひょぉぉぉー」ってやつ♪


そして大阪から苦節13時間、やっと到着の家族サミット会場ザ・ウィンザーホテル洞爺

hokkaido08


う、美しすぎる…(*´∀`*)
すごいエントランスなんですけどw

ちなみに第二陣の羽田の弟は定刻通り出発したので、新千歳とウィンザーホテルを
お一人様で超満喫(それもある意味淋しいw)、第三陣の神戸発の両親は1時間ほどの
ディレイで無事ディナーにも間に合うように到着。
一番に出た私達が本日最後のお客さんで、待望のミシェル・ブラスのディナーにも
間に合わなかったのですが、さてさてどうなったんでしょうかー。


つづく
by clavel  at 02:12 |  Journey:国内 |  comment (9)  |  trackback (0)  |  page top ↑

二月お稽古二回目

華道94

風邪?がスッキリしないまま今日は京都ー。
今月は2回だけなので今日はお花×1・お茶×2です。

お花は桃のお生花。
いつもの基本の三才格ではなく「七曲の内用」ってのを生けました。
いけしゃあしゃあと生けましたなんて言ってますが写真はお直し率100%です(笑)
いつもの三才格では中くらいに長いのが左に出ているのですが、七曲の内用では
主たる枝が七本あって中くらいのが内側(右)にググッと伸びています。
桃の枝って思った以上にツルツルで曲がらなくて裂けやすいので形を作るのが
非常に難しかったです。


ちなみに私が作って先生に「これはもうダメです…」と悲しい顔をされた内用はこちら↓



華道95


おれは直角、直角斬り!!(T∀T;)
ただ曲がっているだけで趣き丸で無し。
不自然な上、激しく骨折祭状態でテープで補修してあります…。桃さんゴメン。


お茶は唐物(からもの)を2回と炭手前1回。
唐物は袱紗を真に畳んだり行に畳んだり、手品のような畳み方をするので楽しいです。
茶入れを大事に扱う動きをするのですが、それがややこしすぎて初心者が扱うと
余計に落としそうになります。
今日はお茶も趣きまるで無しでしたー(T∀T;)


風邪はだいぶ良くなりましたが変な頭痛だけ残っていて、普通にしていたら痛くないのですが
お辞儀など頭を動かすとズキッと痛みが走ります。
茶道はお辞儀だらけなので結構な拷問(笑)
by clavel  at 21:45 |  茶道・華道 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

xxx 鳥と花 xxx

刺繍41

風邪引きさんなので刺繍は順調です♪
あまりダラダラせずに刺繍だけしてさっさと寝る生活をしているので
思った以上にチクチクが進んでおります♪
お花3本と小鳥さん1羽のデザインなので、あとは小鳥さんと茎部分だけー。
ここからはかなり飽きそうな感じなので茎を先に攻めようか考え中です。


風邪はひたすら微熱のみで週末は37.3℃キープのまま出歩いていましたw
今は36.8℃で元気度70%くらい。なんかすっきりせーへん(・´з`・)
ワクチン打った人のインフル疑惑が出ていますが、あくまでも疑惑w

そして最近指摘されたのですが、わたくし大阪弁じゃない人への聞き返し率が
結構高いらしいです…。自分でも薄々感じていて耳が遠くなってる?(`ロ´;)と
早とちりしていたのですが、言われてみれば東の人への「え?なんて?」率が
非常に高いような気がしてきましたー(汗)
近畿より東出身の方はclavelと話す時はゆっくり喋ってあげて下さいぃぃ(T∀T;)
by clavel  at 23:28 |  Handmade |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

弄花香満衣

掬水月在手 (水を掬(きく)すれば月手に在り)
弄花香満衣 (花を弄(ろう)すれば香り衣に満つ)

唐の詩人・干良史(うりょうし)の「春山夜月」と題する詩の中の二句(対句)です。
秋の夜、川面に両手を入れて、その水をすくって見ると、そこに月が映り、
春の野辺、花をかざし弄(もてあそ)べば衣服いっぱいに花の香りがしみこむ。
月と自分、花と自分は、それぞれ別々のものでありながら、一体となる無我の境地。
何事も精進努力を重ねれば自ずからその妙を会得する、という禅的解釈らしいです。


と、いうような華道の伝書講義を2時間みっちりと受けてきました。
内容が興味深くて濃い分、疲労困憊。
でもなかなか聞けるようなお話しじゃないので非常に有意義な一時でありました。
花鋏で手のひらの肉を挟んで「うぎゃぁぁー」とか言ってる私には普段は全く
意識してなかった華道の根本なので、これからはもっと真面目に精進したいと思います。



で、その後は先生宅で海鮮お好み焼きやらチョコケーキを頂いて北山で陶芸教室♪
来年の初釜で使えるような茶碗を焼きましょうとの事だったので頑張って作ったー。


kyoto46

でろり~ん(T∀T;)
窯元の先生がお直ししてくれるだろうと勝手な期待を込めてこの段階で放置…。
以前鉄アレイもビックリな重さの茶碗を作ってしまったので、出来るだけ薄くしようと
頑張ったのですが、薄さに集中して形はどうでも良くなった…。
これでお茶を飲んだら口を怪我しそうなヨカーン。


しかももう触りたく無くなったので、残った土で一人遊び。


kyoto47

みなさんcla茶碗に関してはノーコメントだったのですが、適当に作ったワンコには
「可愛い~♪」とお褒めの言葉を。
カノンさんのつもりなのですが「スヌーピーだ~!」と言われてみたり。
箸置きには大きすぎるし、庭に出したらネコの*ンコと間違えられそうだし、自分で
責任持ってペーパーウェイト兼ガラスペン休めとして使おうと思います…。


夜は京都伊勢丹でやっているロベール・ドアノー写真展を見に行きました。
オチャメで見てるこっちが笑顔になるような素敵な写真だらけでした。
やっぱり生でモノクロ写真を見るととてもキレイでぐいぐい見入ってしまいます。
ココとか見ると誰もが知ってる写真があるかも知れない♪
自分にポストカード購入禁止令を発令中なのですが、葉書×3と写真集買っちゃった
by clavel  at 23:30 |  茶道・華道 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

Happy Valentine's Day♪

osaka76

バビーーーー!
今年のバレンタインはBABBIづくしでした。
あの人にBABBI、父(家用)にBABBI、お世話になった方にBABBI、そして自分にもBABBI。
ダメ押しに最終日の今日BABBIのジェラートを食べに行ったのですがネットリしていて
すごく美味しかったです♪むふむふ。


で今日はフルート日だったのですが、急遽色々合流してしまって女子+NH(ニューハーフ)で
胸キュン女子ディナー&飲み。
胸がキュンキュンするメールを見せ合ったりしながら「イヤーー!キャーー!」と大騒ぎ。
ちなみに「claのメールは胸キュンと言うより胃を鷲づかみにされたような衝撃が…」とか
ワケの分からない事を言われました。胃も胸のうちや~(`皿´;)

そして消極的でチョコを渡しきれない女子が一名居たのですが、その子になりすまして
NHが強引に消極女子の好きな相手とメールのやりとり(笑)
「~でいらっしゃるのかしら?」や「~でございますわ」とか思いっきりオカマ口調なので
相手からの返信は必ず「え?どうしたんですか?」から始まっていました。
かわいそうな消極的女子( ´,_ゝ`)プッ

そんなこんなでそれなりに楽しいバレンタインの土曜の夜でございました。
あと終電間際の電車に、横山剣さんと横山やっさんが混ざったようなチョイ悪親父がいて
紙袋2つ山盛りにチョコを持っていました。
漫画やドラマでしかお目にかかれないチョコ山盛り男、生で初めて見ました。
ミュージシャンなんだろうか、周りの男性陣のチラ見具合が凄かったです(笑)
by clavel  at 02:27 |  雑記 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

二月お稽古一回目

華道92  華道93

今日は久々に京都。
今月はお稽古2日しかないのでお花は2杯生けました。

左:アマリリスのお生花  手直し無し♪
右:荘厳華「行の真」  手直しほどんど無し♪

お茶は薄茶と炭手前。
薄茶も最近ずっと薄茶だったので期間が空いてもスラスラ出来て褒めて下さいました(*´∀`*)
炭手前は今年からスタートなのでまだまだ段取りが悪いのですが、炭手前の途中から
何故かいきなり鼻水がティラリーン☆と出てきたので、うぉヤバい!と巻きで動いたら
「動きもスピーディーになってきて大変よろしいですね」とまたもやお褒めの言葉を…。
ワンコみたいに3mmくらいキラーン☆となってたのですが若い子は気付いてたに違いない。


と言うワケで何故か風邪を引いております…。
朝は全く普通の状態だったのですが、ホントに炭の途中(昼過ぎ)から急に風邪引きさんに。
皆さん風邪を引く瞬間を目の当たりにして不思議がっていましたw
たぶん40分乗り続ける京都線の車内で貰ったに違いない…_| ̄|○
今のとこ鼻と微熱でインフルでは無さそうなので午後から出勤です。あーダルい。
by clavel  at 11:56 |  茶道・華道 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

muac muac(*´ 3 `)

casa12

今日は私の誕生日でした。
留学メイトや大学・中高の友人、管弦楽団メンバー、色々集まってくれてスペイン料理を
作ってくれました・゚・(ノД`)・゚・。 感無量ー。
なんだか子供の頃のお誕生日会みたいですっごく嬉しかったです。

しかも珍しくスペイン人の友人からも国際電話が・゚・(ノД`)・゚・。
誕生日って知らないはずの遅れて来る友人も、先に来たメンバーが「実は誕生日なのに
ケーキが無い!」と指示を飛ばしていたようで、サプライズでケーキを持ってきてくれました
・゚・(ノД`)・゚・。

その他にもお世話になっている方、遠くはなれた方、思いもよらない色んな方から
おめでとうメールをたくさん頂き感謝感激です。
誕生日が休日だと一人で家にいる年もあったりするのですが、こんなにも色んな友人に
お祝いしてもらえる年もあるんですねー(*´∀`*)
本気のサプライズでした。



casa13

なんだか恥ずかしいプレート付きケーキ♪
KTMお抱えシェフが急遽Natillaというスペインのデザートも作ってくれました。



casa14

みなさん、ケーキが無くてお酒率が高いのはいかがなものか?
私そんなに酒飲みではなくお酒好きのお酒に弱い人なのですがw
ちなみにドンペリの紙袋から出てきたのは左のMOET…(#^ω^)
バカラの箱にclavel手焼きの小鉢でも入れてプレゼント返ししてやるー。

それにしても今年は良い年になりそうな予感です♪
ダイエットに食い倒れに写真に刺繍にフルートに茶華道に旅、今年も好きな事を出来るだけ
楽しもうと思います。
今日はみんなにkisskiss、もちろんここまで読んでくれたあなたにもkiss
by clavel  at 23:59 |  雑記 |  comment (9)  |  trackback (0)  |  page top ↑

切手

切手好きです、すごく。
あの小さな枠内にめくるめくワンダーランドが閉じ込められている気がします。
ここ10年くらいで「いやん可愛い(*´Д`*)」と思う切手との遭遇率がすごく高くなりました。

最近手紙のやりとりがだいぶ減って淋しいのですが、切手は気に入ったデザインがあると
ついつい買ってしまいます。
異国へ小包みを送る時に10枚綴り1シートとかぺたーっと貼ると結構楽しい♪
20枚全部違う切手を貼るとか。

で先日スペインへ小包みを送るのに浮世絵切手を1シート貼って絢爛豪華シリーズで
まとめてみたのですが、やっと1シート消費したのにまたステキな切手に出会ってしまったー。



近代製鉄発祥150周年記念切手(*´艸`)

cellos01


右上のも右下のも160円以上の郵便に是非貼ってみたひ☆
特に右下のはサイドの部分も一緒に貼りたいー。
キャラデザインは石井竜也だったり、色んなうんちくは公式ページのこちらをどうぞ。
むぅ、可愛すぎて2シートも買ってしまったー。
by clavel  at 22:59 |  雑記 |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑

xxx Mit Nadel und Faden xxx

刺繍39  刺繍40

久々にチクチクしております。

実は年末にスウェーデンのクリスマスカレンダーの1976年に少し取り掛かったのですが
当然正月ムードに流されて放置プレイ。(写真左:年末からこのまま)
そして久々に刺す準備をしたのですが、2月にクリスマスデザイン?と思い放置プレイ続行で
先に春っぽいデザインを刺す事にしました。

選んだのはドイツのBahmann KG社の小鳥さんチャート♪
ドイツの会社なのですが糸はデンマークのフレメの花糸指定になっています。(写真右)
草花で染められた花糸で草花を刺すという、なんとも胸がきゅんきゅんするデザイン(*´∀`*)
糸の色替えがあるぶんクリカレより進みは遅いと思いますが、3月末くらいの完成へ向けて
春を待ちながらチクチクしたいと思います。

ちなみに図案集のタイトルが"Mit Nadel und Faden"で、きっと「草花と小鳥」だろうと
予想していたのですが「針と糸」でした…。


*****

チェの続編39歳別れの手紙(←音注意)を見てきました。
28歳の革命の方が展開があって映画として楽しめましたが、別れの手紙の方は全員が
結末を知ってる分、本当に淡々としたドキュメンタリー映画でした。
もっとチェの人間味溢れる部分を描写してくれても良いのになぁと思ったし、ベニチオデルトロが
もっさりし過ぎな感じが(汗)
チェってもっとスレンダーなイメージなのに古谷一行度75%くらいw
無音のエンディングロールは良い演出でした。

そして晩ご飯を食べながらチェについての真面目な討論会になっていたのですが、気付けば
「キューバに行きたい→CKBの剣さんばりの古いアメ車をレンタカー→夕暮れにヘミングウェイ
みたいな親父がいそうなBarへ行ってドライマティーニを飲む」という妄想談に…。
革命とは無縁のダメな日本人女子です(T∀T;)
by clavel  at 00:26 |  Handmade |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

青看板

osaka74 osaka75

「豊中・十三・176」この3つのキーワードが記されている青看板を収集しています。
狙いは左写真の済生会中津病院前の青看板なのですが、横断歩道もなく
恐ろしい場所にあるのでなかなか写真に撮れませんー。
車で梅田に出ることがほとんど無いし…。

それが先日JR大阪駅前の歩道橋を歩いていたら、駅ビル工事で道路が無くなって
見事「豊中・十三・176」だけの看板になってたー(n‘∀‘)η
しかも176の数字の所に自分の影が映る設定になってた。神様ありがとー☆

と言うかなりどうでもいいフェチなお話し。


ところで、カメラというメカも好きだし写真を撮るのも好きなのですが、写真だけのblogを
作りたいなーと常々思っていたので何となく作ってみました。
忙しいと余計な事を始めてしまう典型なのですが(汗)

こちら→ Sol y Sombra

こっちのblogに載せきれていない写真やらお気に入りのをアップしていこうかと。
文字はあまり書かずに写真だけー。気が向いたら見て下さい♪
by clavel  at 01:01 |  雑記 |  comment (12)  |  trackback (0)  |  page top ↑
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
Translation
プロフィール

clavel

Author:clavel
目指せラテン系大和撫子。
旅・カメラ・犬・Blythe・手芸・スペインが大好き。変なモノや美味しいモノを与えるとシッポを振って喜びます♪

Photo blogはコチラ
Blythe blogはコチラ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from cafe_clavel. Make your own badge here.
カテゴリー
月別アーカイブ
愛用の品

ダイニングの照明はコレ。部屋の雰囲気も一気にオシャレになりました。



リビングの照明はコレ。6畳でも172Bで丁度良い大きさです。



和室の照明はヤコブソン。北欧物は和にも良く合います♪



スライスや千切りは包丁が一番なのでこのタイプを選びました。



ルクはオーバルの25cmです。大きな魚も入るのが嬉しい♪



ラウンド22cm。大人二人でシチューや骨付き肉に良い大きさ。



値段の価値あり。水切れが良く洗い物が楽しくなりました。



学生の頃からずっとNikonを使っています。初心者にもオススメ。



子供抱えて一眼レフとハンディカム?無理無理!なのでRX100M2を購入。大満足です。



デスク横に置いています。収納量が多く、部屋がスッキリ。



PC用。コントロールポッドに一目惚れ。お値段も手頃♪



定番中の定番、イームズのサイドシェルチェア。エッフェルベース。



鏡台用。6色あって私は赤を使っています。キラキラー♪



ルンバ770、日本正規品&子供がいるので排気が奇麗シリーズ♪


maisonlauburu
南仏、フレンチバスクのバスク織りのショップ。お稽古バッグやキッチン周りで大活躍です。



ブライスの収納に。



結婚式のウェルカムボードに。一色刺しなので好きな色の布・糸で自由に刺せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。