スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by clavel  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

8月お稽古2回目

R0019777.jpg  R0019780.jpg

特に忙しいワケでは無いけどダラダラ過ごしてアップするの忘れてました。


お花は2回分で盛花と瓶花。
どちらも難しい花材でした。盛花は最近何故か立盛体続き。
瓶花のドウダンツツジで体をとるのもなかなか難しかったです。


お茶は超久々、1年ぶりくらいの茶箱の月。
茶箱の月と聞いて「あ~、あの板に釘(じゃないけどw)刺すやつね」と思ったけど
お茶碗のお仕覆の扱い方をすっかり忘れていました。
「紐をシュッとして小指に挟む」等々うろ覚え炸裂だったので、シュッとするタイミングを
間違えたり前から小指に挟んだり何か残念な感じでした…。でも月が一番好き♪
スポンサーサイト
by clavel  at 23:43 |  茶道・華道 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ギリシャ:メテオラ

DSC_1029.jpg

トロイの後はイスタンブールに戻り、寝台列車で移動してメテオラへ♪
かなり壮大な風景でしたがお疲れだったのであまり写真も撮らずにボケーっと眺めていました。



R0019465.jpg

ホテルからの眺めはこんなん。
修道院が立ち並ぶ聖地なのにムーディにライトアップされていました。
後で判明したのですが、新婚さん特権として結構眺めの良い部屋ばかりだったらしい。
カッパドキアも奇岩群と朝焼けだったしエーゲ海も夕焼けでした、えへ(*´∀`*)



R0019390.jpg R0019400.jpg

この前日の宿泊は寝台特急フィリア・ドストリックだったのですが、トルコ車両は広くてキレイで
ギリシャ車両は古い汚い狭いで最悪だと聞いていて、その最悪なギリシャ車両でした…(泣)
エアコン壊れているし窓を開けると蚊が入ってくるし、学生の頃に貧乏旅行で使ってたスペインの
寝台列車より超最悪に古かったです。

この辺りから徐々に気付いてきたのですが、EUのギリシャよりEUに入れて貰えないトルコの
方がずーっとキレイだし都会だしゴハンも美味しいし発展してます。
んもうEUからトルコ排除の理由は宗教しか無いかと!キレイ事言うてもそんなもんです。
by clavel  at 19:18 |  Journey:海外 |  comment (10)  |  trackback (0)  |  page top ↑

Petit saleでpotée

先日友人が家に遊びに来てくれたので、ポテを作りました。
まあほぼほぼポトフなのですが、potee(ポテ)は塩漬けした豚肉とキャベツやジャガイモ等
野菜を煮込んだフランスの伝統的家庭料理、pot-au-feu(ポトフ)は調理法はほぼ同じで
牛肉か鶏肉が生のお肉から調理したもの、ってな区分けみたいです。

そしてポテを名乗るからにはプティサレ(塩漬け豚肉)を仕込まないとと思い、前日の夜に
簡易プティサレとして一晩だけ漬けてみました。
本当は3~7日くらい漬け込むみたいですが、たった一晩でも全然味が違います。
この一手間は本当に凄い。イオンの安売り豚バラ肉がビストロで食べるホロホロ柔らかな
豚肉に大変身です。


R0019771.jpg

私が作った胡散臭い"Petit saleでpotée"ってか「塩漬け豚と野菜の炊いたん」。

○豚バラ肉に塩・砂糖・黒胡椒をすり込む。
○ビニール袋に入れてちょっと重い物(私は漬物小鉢と塩昆布タッパ)を乗せておく。

○冷蔵庫から取り出し水を捨てる→流水にて塩抜き。
○圧力鍋の高圧で20分加圧して炊く。
○違う鍋にキャベツ・にんじん・玉ねぎ・ジャガイモ(ま、適当に)入れて、豚肉を入れ
 ブイヨンとか豚の煮汁(灰汁と油取ったの)を入れて炊く。


こんな感じの流れです。適当で大丈夫。
今回は新婚家庭に女友達が遊びに来るという設定だったので「ルクルーゼで煮込み料理を」って
所からスタートしたのでこの料理になりました( ´,_ゝ`)プッ
別の圧力鍋でもビタクラフトでも良いのですが女子女子したかったらルクだ( ´,_ゝ`)ププッ

しかも人参を縦長にカットとか、カブがあったら茎?がちょっと付いたまま縦にカットとか
やってみたいやん?(*´艸`)
あとトルコで買ってきたレンズ豆があったので投入してみました。あるモン入れたらエエ。
粒マスタードつけて頂くのですが、それを添えるのは忘れた…。
次は肉塊1kgで買ってガツンと作りたい♪
カレーより簡単だし、こういう料理は男子が作ったらモテモテ度急上昇間違いなしだ。
by clavel  at 11:33 |  手作りゴハン |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

最近買った物

DSC_2989.jpg

あまりにも家が殺風景なのでLisa Larsonの置物を買ってみた。
ロバ君(ほんとはポニー)とライオンと鳥。
ライオンは本当は瓢箪みたいなシリーズが有名っぽいのですが、一緒にいたマダム母上が
「あ、これ瓢箪に描いてあるヤツやねー♪」とのたまったので買うの止めた。鳥グッズも多いし。

ちなみに牛コレ&ミウラ牛コレもあるし、ギリシャで黒牛の瓦の置物?も買ったのでリビングの
サイドボードは動物園状態です…。
そしてサイドボードを開けると阪急電車コレ…_| ̄|○



DSC_2971.jpg

あとユーロが安かったのでリモワコレクションも1つ増殖しました。一番デカいやつ。
たぶん定価\147,000-だと思うのですが免税されて5万チョイでした。
左3つはドイツマルク時代に買ったので同じくゲロ安で入手しているのですが
ユーロになってからはご無沙汰だったので嬉しいです♪
一個が一杯萌えー(*´д`*)ハァハァ
by clavel  at 19:11 |  雑記 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

鉄道ピクトリアル

R0019745.jpg

鉄道ピクトリアルの8月号臨時増刊号は阪急電車特集ですよー♪


って何この本?(T∀T;)


先日阪急電車に乗った時にHANKYU MAROON WORLD 阪急電車のすべて2010という本が
発売されていましてですね、常日頃から「阪急電車を愛してやまない私が阪急に乗れなく
なって、あなたが毎日ボケーッと乗ってる(旦那の職場、阪急沿線w)のは許しがたい!」と
理不尽な怒りを撒き散らしていた私にプレゼントしてくれました(*´∀`*)
阪急電車のDVDを見ながら洗濯物をたためということらしい。

まぁその程度で満足するユルい阪急電車ファンなのですが、オマケとして鉄道ピクトリアルという
超お堅い本も買って帰ってきました。カラーページが少なくて白黒多し、文字もビッシリ。
刺繍の図案か編み図のような列車ダイヤも載っていて、初めて野球のスコアブックを見た時の
ような軽い衝撃が…。
ちなみに電気車研究会という所が出版しているのですが、社長挨拶に「数年来巷で言われる
「鉄道ブーム」を意識した派手なコンテンツ造りは最も苦手とするところです」って書いてあった(*´∀`*)



R0019735.jpg

こちら時々庭に遊びにくる野良猫↑。
別に追い出しもしないけど餌もやらない良い関係が続いていたのですが、ある日
ベストキッドの鶴の舞みたいな格好で威嚇したら1週間くらい来なくなったのだー(T∀T;)
でもまた久々に来てくれたのでパチリ☆
by clavel  at 19:11 |  雑記 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

8月お稽古1回目

R0019752.jpg

今日は京都。
夏の練成会前なので2週連続でちょうど良かった♪


お茶は且坐(しゃざ)の半東さん。
且坐とは「まぁちょっと座ってお茶でもどうぞー♪」な意味なのですが、
次客が花を生けて→三客が炭をついで→正客が香を焚いて→亭主は濃茶をお客さんと
半東さんにふるまって→半東が亭主の為に薄茶を点てる、というお点前。
全員がそれなりに何か出来たらなかなか楽しいお点前です♪

今日はお茶のお稽古2回分なので、あとは普通の風炉の薄茶と初炭、それに前回に
引き続きお香の焚き方をお稽古しました。


お花は軽めに瓶花。
この時期はいい感じの枝が無いらしくヒペリカムが体でした…。
なので先生がちょっと応用なアレンジ風に変えて下さいました♪
<ヒペリカム・トルコ桔梗・矢車草>
by clavel  at 23:54 |  茶道・華道 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

トルコ:トロイ

R0019261.jpg

イリオス遺跡(トロイの考古遺跡)、という言い方が一般的なようです。
ガイドさんの説明を聞きながら見学してるとすごく楽しかったのですが、今写真を
見てるとただの廃墟な感じであまり当時の感動が伝わってきません…(泣)

正直シュリーマンってよくこんな所に目星を付けて発掘したなぁ~って思うほど
広大で辺鄙な場所にある遺跡です。
しかし考古学の専門家ではなかったので、結構無茶苦茶な掘り方をして痛んでいるらしい。



DSC_0143.jpg

たぶんこんな感じちゃうかな?という木馬のレプリカ。
腰くだけ感たっぷりですが、これがないと「ホンマにここトロイなん…?」と不安になるくらい
何もない場所です。
ちなみに木馬から覗いてるのは私と旦那さん。新婚旅行写真としてはかなり変な部類だ…。



R0019361.jpg

トロイからは船でダーダネルス海峡を渡ってイスタンブールへ逆戻り。
今は無きオリエント急行のイスタンブル発着駅でゴハンを食べました。
レストランはステンドグラスで当時の雰囲気そのままで、オリエント急行殺人事件のポスターが
たくさん貼ってあって年配者はどのポワロが良いかで超盛り上がっておりましたw
by clavel  at 18:45 |  Journey:海外 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

またもや半ケーキ

R0019681.jpg R0019685.jpg

先日旦那さんのお誕生日だったのでPOIREの小さなホールケーキを買いました♪
リメンバートルコ航空な感じで二人で半分こ。
ケーキ=半円形が定着しつつあってヤバいですw

平日だったのでゴハンは夏野菜カレー。
一緒に煮込むと色が悪くなるので夏野菜は素揚げで後のせ。
ゴハンはピンクのハート、十六穀米をルクのラムカンで。

ちなみに友人にこの写真を見せたら「ぅわ、新婚ウゼーwww」な顔されました(笑)
その友人ハハにも「clavelウゼーw」な顔されました(*´∀`*)<しばらくウザいですよー♪
by clavel  at 22:14 |  雑記 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Translation
プロフィール

clavel

Author:clavel
目指せラテン系大和撫子。
旅・カメラ・犬・Blythe・手芸・スペインが大好き。変なモノや美味しいモノを与えるとシッポを振って喜びます♪

Photo blogはコチラ
Blythe blogはコチラ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from cafe_clavel. Make your own badge here.
カテゴリー
月別アーカイブ
愛用の品

ダイニングの照明はコレ。部屋の雰囲気も一気にオシャレになりました。



リビングの照明はコレ。6畳でも172Bで丁度良い大きさです。



和室の照明はヤコブソン。北欧物は和にも良く合います♪



スライスや千切りは包丁が一番なのでこのタイプを選びました。



ルクはオーバルの25cmです。大きな魚も入るのが嬉しい♪



ラウンド22cm。大人二人でシチューや骨付き肉に良い大きさ。



値段の価値あり。水切れが良く洗い物が楽しくなりました。



学生の頃からずっとNikonを使っています。初心者にもオススメ。



子供抱えて一眼レフとハンディカム?無理無理!なのでRX100M2を購入。大満足です。



デスク横に置いています。収納量が多く、部屋がスッキリ。



PC用。コントロールポッドに一目惚れ。お値段も手頃♪



定番中の定番、イームズのサイドシェルチェア。エッフェルベース。



鏡台用。6色あって私は赤を使っています。キラキラー♪



ルンバ770、日本正規品&子供がいるので排気が奇麗シリーズ♪


maisonlauburu
南仏、フレンチバスクのバスク織りのショップ。お稽古バッグやキッチン周りで大活躍です。



ブライスの収納に。



結婚式のウェルカムボードに。一色刺しなので好きな色の布・糸で自由に刺せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。