スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by clavel  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

サムスン美術館 "Leeum":Museum 1

korea14

三星美術館 Leeum Samsung Museum of Art -Museum 1-
設計者:Mario Botta
住所:ソウル市 竜山区(ヨンサング) 漢南洞(ハンナムドン)747-18
住所(韓国語):서울시 용산구 한남동 747-18
竣 工 :2004年



korea15

韓国旅行の目的第一位でありますサムスンの美術館です。
決して食い物・買い物だけが目的ではありません、…たぶん(゜∀。)
友人に半日は絶対に一人でもここ行くから、と宣言していたのですが
一緒について来てくれて楽しそうにしてたので良かった♪

こちらエントランス。
美術品が展示してあるエリア以外は写真を撮っても良いそうです、今のところ。



korea16

有名な渦々階段。
写真2枚目のエントランスホールの中心の穴が、この下の穴です。
マリオ・ボッタ氏のこちらの建物は歴史的な美術品が展示されているのですが
それに似合った建物でした。
陶器の展示は青磁が多いし、青磁といえば二重のアミアミのイメージだし。



korea17

階段、横から。



korea18

階段、下から。
かなり上が広い円錐形なのに下の方が広く見えますね…。



korea19

1枚目の写真の逆から。
足元は直島でも見たデジタルのアートの人です♪名前忘れた(汗)
こちらも直島島民と同じく、このワークショップに参加した地元民が点滅の速度を
好き勝手に調整したようです。夜にも来たいー。

この美術館、建物はさることながら展示のライティングが素晴らしいです。
左右対称の壷なんかには上から小さな12灯のライトで下にグレースケールのような美しい
シマシマの影が、前からの2灯で正面に二つの壷の影(真ん中だけが重なって黒いの)が、
土台もステキだし、展示品の壷より展示方法に夢中になってしまいました。
もちろん油滴天目の次に青磁が好きなので普通の人より青磁フェチなのですが、
そんな私が目移りするくらいに見惚れるライティングでありました。
上手く説明出来ていませんが、想像以上に興奮しまくった美術館でした。
スポンサーサイト
by clavel  at 23:59 |  Architecture |  comment (6)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

展示もそうですけど。
特別展のように満員電車状態でもなく、田舎の観光ルートにのった美術館のように、見たくも無いのに、強制的に入場させられた興醒めな人たちもいず、賓のある美術館の鏡のようですね。
撮影禁止を守ったclavelさんもえらいですな~
by てあなう 2009/01/18 07:49  URL [ 編集 ]

建物探訪

clavelさんらしいですね。^^
サムスン美術館素晴らしいです。
こんな建物に住んでみたいです。(笑)
by ジャイリス 2009/01/18 11:38  URL [ 編集 ]

No title

ちゃんと観光もしてるやんw
綺麗な美術館やなぁ。空間をうまくつくってる。
韓国滞在中はずっと天気よかったんやなぁ。
by サクラ 2009/01/18 15:32  URL [ 編集 ]

>>てあなうさん

「エエもん置いてるけど知ってる人だけ見にきてね♪」な
スタイルは非常に良かったです。
直島と同じく金髪率が高かったり、熱心に見学してる
日本人男性お一人様なんかもいました。
展示も撮ろうと思ったのですが本気で色々見惚れてたので
撮れませんでした…。
階段では人形持って挙動不審だし(笑)
by clavel 2009/01/18 21:34  URL [ 編集 ]

>>ジャイリスさん

元々はサムスンの社長の別荘があったようです。
お隣には違う別荘(サムスンの迎賓館)もあったし。
サムスンって一家電メーカーだと思っていたのですが
車も出してるしすんごい財閥ですねぇ。
by clavel 2009/01/18 21:37  URL [ 編集 ]

>>サクラちん

観光してるぞー。
ホントに贅沢に空間を使ってて、久しぶりに良い美術館に出会えた♪
地下鉄ですぐやしソウルへ行くなら是非。
連日晴れやったけど連日氷点下(汗)
by clavel 2009/01/18 21:39  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Translation
プロフィール

clavel

Author:clavel
目指せラテン系大和撫子。
旅・カメラ・犬・Blythe・手芸・スペインが大好き。変なモノや美味しいモノを与えるとシッポを振って喜びます♪

Photo blogはコチラ
Blythe blogはコチラ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from cafe_clavel. Make your own badge here.
カテゴリー
月別アーカイブ
愛用の品

ダイニングの照明はコレ。部屋の雰囲気も一気にオシャレになりました。



リビングの照明はコレ。6畳でも172Bで丁度良い大きさです。



和室の照明はヤコブソン。北欧物は和にも良く合います♪



スライスや千切りは包丁が一番なのでこのタイプを選びました。



ルクはオーバルの25cmです。大きな魚も入るのが嬉しい♪



ラウンド22cm。大人二人でシチューや骨付き肉に良い大きさ。



値段の価値あり。水切れが良く洗い物が楽しくなりました。



学生の頃からずっとNikonを使っています。初心者にもオススメ。



子供抱えて一眼レフとハンディカム?無理無理!なのでRX100M2を購入。大満足です。



デスク横に置いています。収納量が多く、部屋がスッキリ。



PC用。コントロールポッドに一目惚れ。お値段も手頃♪



定番中の定番、イームズのサイドシェルチェア。エッフェルベース。



鏡台用。6色あって私は赤を使っています。キラキラー♪



ルンバ770、日本正規品&子供がいるので排気が奇麗シリーズ♪


maisonlauburu
南仏、フレンチバスクのバスク織りのショップ。お稽古バッグやキッチン周りで大活躍です。



ブライスの収納に。



結婚式のウェルカムボードに。一色刺しなので好きな色の布・糸で自由に刺せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。