スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by clavel  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

載せろと言われたので…

今巷で人気?の占い初恋の人からの手紙なのですが、見たいからblogに載せてと
リクエストを頂いたので載せてみる。
正直自分でも「゙;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ」ってなった事だけお伝えしておきます…。


   ---------------------------------------------


   clavel、ひさしぶり。
   今でもフリマに自作の詩を出品していますか?会うたびに詩を書いて
   おれに見せてきたclavelをなつかしく思います。

   clavelが「なんで私が面倒を見ないといけないのよ」とおれに言い捨て
   て別れたあの日から、もうxx年が経ったんだね。月日が流れるのは早
   いものです。

   あ、そうそう、手紙を書いたのには特に理由はないんだ。ただ部屋の
   掃除をしていたらclavelからの昔の手紙が出てきたから、なつかしくなっ
   て。びっくりさせたかな。

   思い返してみると、うちらの恋愛ってひどいものだったなぁと今さらなが
   らに思います。わりと若者らしい恋愛をしたがったおれと、すぐドライに
   なっていったclavel。clavelの決めぜりふはいつも「ごちゃごちゃ言って
   ると別れるよ」でしたね。どんだけ上からだ!と思ったけれど、怖くて文
   句の一つも言えませんでした(苦笑)。

   そういえば、おれはともかく、clavelにとっては初恋でしたね。最初のこ
   ろのclavelは、手をつないだときに手汗をびっしょりかいていたと思い
   ます。あれはなんだか、こっちも緊張しました(笑)。

   まだ付き合いたててラブラブだったころ、clavelは「こんな幸せな気持ち
   になったことがない」と言ってくれましたね。あの言葉は忘れないけど、
   数日後にチーズたいやきを食べて同じセリフを言っていたときには、傷
   ついたものです。

   今だから言えることだけど、おれはclavelと付き合ったことを後悔してい
   ません。毒舌にあまり傷つかなくなったのも、女から説教されても聞き
   流せるようになったのも、clavelのおかげだと思っています。

   いろいろ書いたけど、おれはclavelが大好きでした。これからもclavelら
   しさを大切に、そして当時のように黒柳徹子のモノマネをみんなに披露
   しながら(笑)、幸せをふりまいてください。

   またいつか会いましょう。では。

   P.S. clavelが誕生日にくれた日本人形、だいぶ髪が伸びました。



   ---------------------------------------------

   【短評】

   タフで強気。甘ったれた男性が受け付けらないが、依存されやすくもある。
   男性を「面倒くさい」と感じやすい。


   【あなたの恋愛事情を考察】

   clavelさんは基本的に、何でも自分の力でなんとかしようとするタイプだと思
   われます。それによって獲得した能力は誇れるものですが、逆にその強さ
   が男性を引き寄せません。いや、clavelさんにとってあまり恋愛感情が起き
   ないような、ドキドキできない男性たちは引き寄せるようですが。

   clavelさんは無意識に、甘える自分というのを封じ、人に頼らなくていい強い
   自分を目指していることと思われます。自分の中に「弱い自分」がいてはな
   らない状態では、当然、他の人の中にも「弱さ」を感じるとイライラするので
   す。自分以外の男性が弱いとき、腹立たしく思うのです。

   その結果、自分よりはるかに器が大きい男性(完成品)を求めさまよい続け
   るか、clavelさんのほうに振り向かないような男性と恋愛しやすくなります。
   例えば「特定の彼女はいらない」という男性だったり、彼女持ちの男性だったり。

   ここから言える、clavelさんにありそうな問題点を列挙します。

   ◆素直に甘えられないので、男性と対立的になるか、男性がヘコむ。
   ◆弱い男性は生理的に受け付けない。彼氏が弱ると冷める。
   ◆消去法の結果、「悪い男」との恋愛率が高まる。



あぁ、耳が痛い…。
スポンサーサイト
by clavel  at 23:00 |  雑記 |  comment (8)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

私もやってみたww
結構面白いよねぇ、これ。
当たってるような?
当たってないようなwwww。

by 櫻子* 2009/03/18 00:17  URL [ 編集 ]

>>櫻子*ちん

「初恋」とうたってるだけあって、確かに10数年前は
こんな人だったかも知れない(笑)

今は弱ってたり枯れ系の人が好きなんだけどねぇ。
先日も毛の薄い頭を階段の出っ張りで強打した人がいて、
悶えてるのがすごく可愛くて惚れそうになった♪
弱ってるところに萌えるー(*´Д`*)
by clavel 2009/03/18 01:21  URL [ 編集 ]

No title

人形の髪が伸びたのにはウケた(笑)。
ワシもやってみよ♪
by ぷれぷれ 2009/03/18 05:58  URL [ 編集 ]

本物かと思いました。

読んでいてclavelさんって、そんな人だったんだと思ってしまいました。^^

一応やってみましたが、どうなんでしょうか?
貰ったことがないので、イマイチでした。
by ジャイリス 2009/03/18 13:48  URL [ 編集 ]

次回は

徹子のものまねで、幸せのお裾分けをください。

同じく日本人形にウケた(笑)。
by のりきち 2009/03/18 16:31  URL [ 編集 ]

>>ぷれぷれ様

私もブラ好きなだけに人形の髪にはウケましたw
ぷれぷれさんはお会いした事があるので、この結果は当たってないと
思っていると信じていますよ、むふふ( ;^ω^)
by clavel 2009/03/18 21:15  URL [ 編集 ]

>>ジャイリスさん

絶対違う~。当たってませんよね?ね?
でも若い頃は多少尖って(?)いたので本当に手紙を貰ったら
こんな感じかも知れませんー(汗)
でも今は違うー(T∀T;)
by clavel 2009/03/18 21:19  URL [ 編集 ]

>>のりきち様

目玉親父の声真似とかはしてた…。
しかも王将の天津飯食べながら「幸せやわぁ」って言ったら
「そんなん言うの初めて聞いた」と言われた事があって、
正直ビビったねん(T∀T;)
手汗も若い頃はかいてた…。
by clavel 2009/03/18 21:22  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Translation
プロフィール

clavel

Author:clavel
目指せラテン系大和撫子。
旅・カメラ・犬・Blythe・手芸・スペインが大好き。変なモノや美味しいモノを与えるとシッポを振って喜びます♪

Photo blogはコチラ
Blythe blogはコチラ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Flickr
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from cafe_clavel. Make your own badge here.
カテゴリー
月別アーカイブ
愛用の品

ダイニングの照明はコレ。部屋の雰囲気も一気にオシャレになりました。



リビングの照明はコレ。6畳でも172Bで丁度良い大きさです。



和室の照明はヤコブソン。北欧物は和にも良く合います♪



スライスや千切りは包丁が一番なのでこのタイプを選びました。



ルクはオーバルの25cmです。大きな魚も入るのが嬉しい♪



ラウンド22cm。大人二人でシチューや骨付き肉に良い大きさ。



値段の価値あり。水切れが良く洗い物が楽しくなりました。



学生の頃からずっとNikonを使っています。初心者にもオススメ。



子供抱えて一眼レフとハンディカム?無理無理!なのでRX100M2を購入。大満足です。



デスク横に置いています。収納量が多く、部屋がスッキリ。



PC用。コントロールポッドに一目惚れ。お値段も手頃♪



定番中の定番、イームズのサイドシェルチェア。エッフェルベース。



鏡台用。6色あって私は赤を使っています。キラキラー♪



ルンバ770、日本正規品&子供がいるので排気が奇麗シリーズ♪


maisonlauburu
南仏、フレンチバスクのバスク織りのショップ。お稽古バッグやキッチン周りで大活躍です。



ブライスの収納に。



結婚式のウェルカムボードに。一色刺しなので好きな色の布・糸で自由に刺せます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。